【緊急】ネパール大地震義援金募集!

IndiaTvd075f7_Nepal-earthquake-2

4月25日にネパールで、マグニチュード7.8の大地震が発生しました。
死者は現時点で4000人を超え、ネパール政府の発表では死者10000人を超えるとのことです。

150426122721-01-nepal-quake-0426-super-169

また、人道支援が必要な子どもが現時点で約95万人もいます!

nepal-earthquake-children

≪↑両親を亡くした子供たちをなぐさめるスタッフ≫

被災者や災害ボランティアの人たちに早急に食べ物をはじめとする支援物資が必要ですが全く足りていません!
毛布簡易テントも足りず被災地は混乱状態が続いています。雨も多い時期の為、家を失った多くの人たちが濡れた服のままでただただ時間が過ぎるのを待っている状態です。

nepal-earthquake (1)nepal-earthquacke-2_

≪↑道で寝ています≫

日本から物資を送ることが困難なため、頂いた義援金をインドのNGO団体に渡し、インドで物資を用意してネパールへ陸路で運びます。

これ以上死者を増やさないためにも、力を貸して下さい!

責任を持って皆様の思いを支援に変えて、私たちが現地にお届けします。

●義援金振込先●

ゆうちょ銀行
記号 12120
番号 22492711
名義 パティダーアニメーシュ

三菱東京UFJ銀行
徳重支店(店番686)
口座番号 0025734
名義 パティダーアニメーシュ

また、今後は親を亡くした子供たちには継続的な支援が必要になってきます。
そんな子供たちの為に少しで構いませんので協力お願いします・

★継続的に寄付★

一口500円から、無理のない金額でお願いします。

◇自動送金をご利用下さい。

  1. 通帳・印鑑(お届け印)をお持ちの上、直接銀行にお出かけ頂き窓口にて「毎月●日に自動送金する手続きがしたい」とお伝えください。
  2. 用紙をお受け取りになって口座番号等必要事項をご記入し、窓口にご提出ください。
  3. 自動送金には手数料がかかります。たいへん申し訳ございませんが、手数料はサポーター様でご負担くださいますようお願い申し上げます。
  4. 登録完了です。
  5. お手数ですが、登録後に tewotsunagou@yahoo.com までご連絡をお願いします。不定期ですが活動報告をさせて頂きます。
広告

4月にインドへ行ってきました&新プロジェクト!!

3年ぶりにインドへ行ってきました。
気温40℃以上の日々の中、10日間滞在しました。
3年でどのくらいインドは変わったのだろう?
貧しい人たちの生活環境は改善されているのか?
などといろいろな事を思いインドに到着しました。

空港が新しくなっていたり、お店が増えていたり、外車がたくさん走っていたりする中、やはり貧困層の生活は改善されていませんでした。
富裕層にとってはより暮らしやすい&便利な街へと変わっていたが、貧困層にとってはさらに物価が高くなり苦しい生活を余儀なくされていると感じました。

そして、レイプ・暴行・感染症などのニュースは毎日目にしました。
以前にもインドで野外排せつが問題になっていると記事を紹介しましたが、インドではいまだ約6億4000万人が日常的に野外で排せつをしています。
日本の人口の約6倍です。

それに伴い、レイプや感染症が増えているのは間違いありません。

そこで!!
NGO『手をつなごう』では、トイレ設置に取り組んでいきたいと新しいプロジェクトを立ち上げます!!
portable-indian-toilet-box-type-labour-camps-250x250
【1つ設置につき20,000円の費用がかかります。】

目標は最低でも100個!!(200万円)
(まだまだ足りませんが、まずは出来る事から始めます!)

ご協力をお願いします。

《★2月★100人のインドの子どもに靴を送ろうプロジェクト》

1足500円で靴が買えます!
100人の子どもたちに靴を購入したいので、ご協力お願いします!

インドは4~5月の暑季は年間を通して最も暑くなります。中央インドでは45℃を超え、北西部ラージャスターン地方の砂漠では50℃近くまで上がります。

裸足で生活する子どもが多く、夏には火傷をしたり、落ちているガラス瓶で足を怪我する子どもたちがたくさんいます。

そんな子どもたちに靴を送りたく、プロジェクトを立ち上げました。
目標は、毎月100足(50000円)!
日本のように整備された道ではありません。 靴があれば、足を怪我することなく歩けます。酷暑でも火傷もしません。
1足分~(500円~)寄付が可能です!
ご協力お願いします。

image

【2/9(日)バレンタイン企画 参加ありがとう★】

インドのストリートチルドレンに、チョコレートとメッセージカードをプレゼントしたいと思います!

日時★2月9日(日)13時開始
場所★刈谷市民ボランティア活動センター
(〒448-0842刈谷市東陽町1丁目32番地2)
費用★無料
定員★先着15名(お子様も含む)
申込★メールにて連絡下さい。
tewotsunagou@yahoo.com

★☆日程☆★
12:30〜13:00 集合
13:00〜14:00 自己紹介・インドについて学ぼう
14:00〜15:00 メッセージカード作成15:00〜    解散 

インド人が主催なので、インドのことあれこれ聞いてみて下さい。私たち日本人の知らない世界がたくさんあります!!ご質問等ありましたら、メールにてお問い合わせをお願いします。

また、一緒に活動してくれる方、月々サポーターズ(一口500円から)も募集中です。
image

【参加ありがとうございました】
image

image

image

【ニューデリー時事 2013年12月28日 】

インドで野外排せつの根絶を目指す市民運動が大きなうねりになりつつある。政府は27年前に衛生向上計画を打ち出したが、いまだ約6億4000万人が日常的に野外で排せつする。業を煮やした女性らが各地でトイレ設置のために立ち上がった。
ネパール国境に近い北部バワニプール村に住むマノラニ・ヤダブさん(40)は「全住民が野外で用を足している」と話す。 世界保健機関(WHO)は11月、インドにはテレビがあってもトイレがない家庭が多いと指摘。人口の半分以上が日常的に野外で排せつ行為を行っており、コレラや腸チフスのまん延につながっていると警告した。

記事にあるように、まだまだ下水道の設備が整っていません。これでは負のサイクルから抜け出せないのが現実です。インド政府は2020年までに整備を目標としていますが、かなり動きが遅いです。
また、野外排泄により性犯罪も増えています。政府が動くのを待っているのではなく、自分たちで自分たちの安全と衛生を確保する必要があるかもしれませんね。

ご協力ありがとうございました!

これまでに約300人の子どもたちとその家族に食べ物、衣類、寝る場所そして教育を提供することができました! ご協力ありがとうございました。
しかし、まだ何千人、何万人の人たちがサポートを待っています。これからもご支援・ご協力をお願いします。

CityDumpkids
btn_donation

Lets Help Each Other And Make This World Happy.