飢餓に苦しむ人々

RTR2UBAF

飢えと栄養不足は世界第1位の死亡原因です。(WHO世界保健機関)

現在、世界ではおよそ8億7千万人(8人に1人)が飢餓に苦しんでいます。そして、飢餓人口の98%が途上国に集中しています。 毎年約1500万人、4秒に1人の割合で飢餓が原因で死亡しています。

また、 栄養不良により、5歳になる前に命を落とす子どもの数は1年間で500万人いると言われています。
世界の飢餓人口の65%は7つの国(インド、中国、コンゴ民主共和国、バングラデシュ、インドネシア、パキスタン、エチオピア)に集中しています。
飢餓人口の絶対数(人数)が最も多いのは、インド(2億1700万人)、次いで中国(1億5千800万人)で、この2国だけで、世界全体の飢餓人口の44%を占めています。

驚くことに、インドでは日本の人口の約2倍の人々が食べる物がなくて困っている事を知っていますか??

Poor Children in India

世界には、世界中の人々を養うに十分な量の食糧があるにも関わらず、貧しい国には全く食糧が行き届いていないのが現状です。

では、なぜ飢餓が起こるのでしょうか?その原因に日本も挙げらています。

なぜなら日本は世界最大の食糧輸入国だからです。発展途上国の中には自分の国の人々が飢餓に苦しむ中、経済の為に輸出をしざるを得ない状況でいます。それにも関わらず、日本は世界から輸入した食糧の3分の1の量にあたる年間2000万トン近くを捨てています。しかも、半分以上が家庭から出ています。

飢餓人口の減少傾向が続くよう、世界が協力し合わなければなりません。市民の皆さん、企業のトップや社員の方々、政府など私たちすべてが一致団結し、飢餓のない世界をつくることが求められています。

btn_donation
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Lets Help Each Other And Make This World Happy.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。